アメショーさくらたんと室内飼い初心者の飼い主ぐるぐるの猫用品体験記です。キャットタワー、ベッド、トイレ、おもちゃのおすすめをブログ形式で綴ってます。

グレインフリー(穀物不使用)の猫フード「モグニャン」注文したにゃ〜!

  • HOME »
  • »
  • グレインフリー(穀物不使用)の猫フード「モグニャン」注文したにゃ〜!

アメショーさくらたんのご飯は、小麦粉がなるべく入ってない物にしてます。

理由は血便が出てしまうからです。

血便と言っても、死に至るような重症なケースではなく、人間でいうと「痔かな?」という感じです。

排便をした後は、いつも通り元気いっぱいに走り回っていたので、だんだん病院にも連れて行かなくなりました。

血便の原因が分かるまで、4年ほどかかりました。

病院に行っても原因が分からなかったのですが、ある猫ブロガーさんが、猫の餌を買う時は、必ず成分表を見ると言っていたのが大きなヒントでした。

猫は小麦粉を消化できない体質だと知ったばかりだったので、今までの餌を慌ててチェックすると、小麦粉が多く含まれている餌だったのです。

それ以来、ピュリナ ワン キャット 美味を求める成猫用 1-10歳サーモン 2.2kgに変更すると、嘘のように血便がなくなりました。

それからずっとこのご飯ですが、たまには違うのも食べさせてあげたいと思い、プレミアムキャットフード『モグニャン』

を買ってみました。

通販限定販売の「モグニャン」が届きました。

モグニャンが届きました。

通販限定なので、お店には置いてないそうですが、Amazonや楽天市場にはありましたよ~。

わくわくが止まらないアメショーさくらたん。

アメショーさくらたんは箱を開ける前から、自分のご飯が入っていると気づいていたようです。

ダンボールを開けたらこの通り。

フードの上に乗ってしまいました。(^^;;

わくわく感で、うずうずしてる、アメショーさくらたん。

開封できないから、降ろしました〜。

モグニャンはグレインフリーの小粒フード

モグニャンの袋は、薄い紫色です。

おにゃの子っぽいかな(=^・^=)

成分表は、白身魚63%から始まって、小麦粉は入っていないようです。

穀物不使用のことをグレインフリーと言うそうです。

アメショーさくらたんの場合、小麦粉はダメですが、お米は大丈夫です。

グレインフリーとまでこだわらなくても大丈夫ですが、小麦粉が入ってない所が安心です。

袋を開けてみると、思っていたより小粒だったのでチョット驚きました。

フードと一緒に手紙が入っていて、子猫も食べられるように、フードの大きさを変更したと書いてありました。

大きさを測ってみました。

上が普段食べてるピュリナワンです。約1センチ位です。

下がモグニャンです。8〜9ミリ位かと思います。

これ以上小さくなると、アメショーさくらたんはダメですね。

昔、もっと小粒のご飯をあげたら、食べる時、頭を上下に振るので、餌が歯の間からこぼれてしまい、食べるのを諦めてしまった事があるんです。

モグニャンは、ギリギリ食べられる大きさでした。

チャックが閉めやすい。

面白いのが、袋のチャックです。

飼い主ぐるぐるは、このタイプのチャックは初めてです。

普通、一本線のチャックですが、これは幅広で閉めやすいです。

湿気対策で、袋の口はしっかり閉めておきたいですね。

箱に入って遊びました。

ちょうど送られて来たダンボール箱が、アメショーさくらたんにジャストフィットしてました。

猫の新しいご飯は、少しずつ混ぜて慣れさせましょう。

猫の胃腸はとーーっても、デリケートです。

最初は、たとえ欲しがっても、いつものご飯に、数粒混ぜる程度にした方が良いです。

アメショーさくらたんの場合、いつものピュリナワンに5粒モグニャンを混ぜただけで、次の日いつもと違う、クッサイうんぴしてました〜(^^;;

まだ、モグニャンを食べさせ始めて、三週間程しかたってないので、ピュリナワンとモグニャンを半々にしてあげてます。

たぶん、このまま半々であげ続けると思います。

なにせ、モグニャンは値段が高いので、人間のお財布事情も絡んでます…(^_^;)

しかし、何より安心したのは、血便が出ない事です。(^◇^)

「モグニャン」は、こちらで買いました。

プレミアムキャットフード『モグニャン』

Posted from SLPRO X for iPhone.

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Cat Life All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.